メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人口動態調査

8年連続で減少 1億2558万3658人

 総務省は5日、住民基本台帳に基づく人口動態調査(1月1日現在)を発表した。国内の日本人の人口は前年より30万8084人少ない1億2558万3658人(0.24%減)で、8年連続で減少した。減少数は1968年の調査開始以来、最も多かった。日本人の出生者数は98万1202人で初めて100万人を割った。日本人の人口増は東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、沖縄の6都県にとどまり、首都圏への一極集中が鮮明になっている。

 外国人住民は14万8959人増の232万3428人。外国人を含む総計は1億2790万7086人(0.12%減)だった。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 鉄パイプ落下 男性死亡 歩行中、頭に刺さる 東京・六本木

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです