メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人口動態調査

8年連続で減少 1億2558万3658人

前年より30万8084人減少 68年の調査開始以来最大

 総務省は5日、住民基本台帳に基づく人口動態調査(1月1日現在)を発表した。国内の日本人の人口は前年より30万8084人少ない1億2558万3658人(0.24%減)で、8年連続で減少した。減少数は1968年の調査開始以来、最も多かった。日本人の出生者数は98万1202人で初めて100万人を割った。日本人の人口増は東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、沖縄の6都県にとどまり、首都圏への一極集中が鮮明になっている。

 外国人住民は14万8959人増の232万3428人。外国人を含む総計は1億2790万7086人(0…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです