フィリピン

避難民 漂う疲労感 ミンダナオ戦闘1カ月

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 フィリピン南部ミンダナオ島マラウイ中心部で、国軍と過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う地元過激派との戦闘が始まって1カ月以上が過ぎた。予想外の長期戦となり、マラウイから逃れて避難所で暮らす人々には、疲労感が色濃く漂う。避難所で亡くなる人も出ており、環境は劣悪だ。【サギラン(フィリピン南部)で西脇真一】

 薄暗がりに無数の目が光る。人いきれと高い湿度で汗がにじんでくる。マラウイ近郊サギランで訪ねた避難所には約600人が収容されていた。

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文898文字)

あわせて読みたい

ニュース特集