メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オランダ

安楽死「生きるのに疲れた」も適用? 拡大提案

 安楽死が合法化されているオランダで、健康上の問題はなくても「生きるのに疲れた」などと訴える高齢者に安楽死の適用を広げる政府の提案が波紋を呼んでいる。オランダは今年3月の下院選から連立協議が継続中のため国会論戦は停滞しているが、王立オランダ医師会は「現行の安楽死法の崩壊」を招くとして反対声明を表明した。【ユトレヒト(オランダ北部)で八田浩輔】

 スヒッペルス保健相は昨年10月、国会に提出した書簡で、「熟慮の末に人生が完結した」と感じる高齢者は「厳格で慎重な条件の下、自身にとって尊厳ある方法で人生を終えられるようにすべきだ」と提案。対象年齢は明示しなかったが、健康上の問題はなくても「人生に意味を見いだすことが難しい」「最愛の人を亡くすなどで孤独を感じる」ケースなども含め、政府として2017年末までに適用条件を定めた新法案をまとめる考えを示…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文1042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです