メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オランダ安楽死

高齢者守る施策投資を 王立医師会会長

 安楽死が合法化されているオランダで、健康上の問題はなくても「生きるのに疲れた」などと訴える高齢者に、安楽死の適用を広げようとする政府案が波紋を呼んでいる。反対声明を出した王立オランダ医師会のルネ・ヘマン会長に聞いた。【ユトレヒト(オランダ北部)で八田浩輔】

 Q なぜ反対を?

 A まず始めに、現行の安楽死法は非常に効果的に機能している。きめ細かく透明性があり、(事後)検証が可能で、患者にとっても医師にとっても安全だ。そして社会の広範な支持がある。よって我々は良い状態で履行されている現行制度の維持が大事だと考えた。現行法は適用性も広い。特定の疾患がなくても高齢による衰弱は(安楽死の条件である)不治や耐えられない苦痛とみることもできる。その場合は現行法に該当するだろう。

 政府案は既に社会に影響をもたらした。我々は人生の終盤を迎えた人々が危険を感じたり、肩身が狭く感じたりすることを非常に懸念している。年を取って働くことができなくなり、年金受給の資格を得ることを引け目と感じさせる圧力にしてはいけない。政府が圧力をかけているとは思わないが、今回の提案は逆効果を生む。(高齢者が)そのように感じることから社会が守らなければいけない。我々は医療現場で年を重ねて孤独を感じ、生…

この記事は有料記事です。

残り1789文字(全文2326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. ORICON NEWS 『BLEACH』作者・久保帯人氏の初公式ファンクラブがオープン イラストや作画資料など公開

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです