メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
核兵器禁止条約

「被爆者の苦しみ」明記 最終草案 

 【ニューヨーク國枝すみれ】米ニューヨークの国連本部で開かれている核兵器禁止条約の第2回交渉会議で、ホワイト議長(コスタリカ)は3日、最終草案を発表した。前文には被爆者の苦しみに留意することを明記。禁止事項として、核抑止を意味する「核兵器使用の威嚇」も加わり、当初案より強い内容となった。会議最終日の7日に採択される見通しで、条約は9月から署名が始まり、50カ国の批准を得て発効する。

 最終草案で禁止とされた内容は、核兵器の▽使用▽開発▽生産▽製造▽保有▽貯蔵▽実験など。こうした行為…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文601文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです