メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
パンダの赤ちゃん

体重4倍に 白と黒の色合い鮮明

母親のシンシンの右前足に抱かれているジャイアントパンダの赤ちゃん=2017年7月1日正午ごろ、東京動物園協会提供

 東京・上野動物園は4日、生後22日となったジャイアントパンダの雌の赤ちゃんの体重が607.9グラム、体長は23.4センチになったと発表した。体重は生まれた直後の約4倍になり、体長は9.1センチ伸びた。同園は「標準的なペースで順調に成長している」としている。

     同園によると、耳と両目の周辺、足がはっきりと黒くなり、白と黒の色合いが鮮明になった。目の部分に筋が現れ、もうすぐ目が開く可能性がある。通常は生後40日ほどで開くという。両前足の爪も伸びてきている。

     母親のシンシン(12歳)は、ほとんどの時間、右前足で赤ちゃんを抱き、しっかり子育てをしているという。出産前に減った竹やタケノコなどのえさの量も徐々に増えてきた。ふんの量もここ数日は約5キロ程度と、通常時の4分の1程度になっている。【柳澤一男】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    2. 地震 大阪府北部で震度6弱
    3. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
    4. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕
    5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]