メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・課長補佐時代

財務省官房長・岡本薫明(56)

岡本薫明氏

 1993年6月、2年間の内閣官房副長官秘書官の任期の最後に、宮沢喜一内閣の内閣不信任案可決、衆議院解散という事態を目の当たりにして、翌7月に官邸から主計局農林水産係主査に戻りました。大蔵省(現財務省)で私が初めて就いた課長補佐の仕事です。担当は米政策。すぐに生産者米価決定の仕事が待っていました。当時は42年に制定された食糧管理法の下、米は国による全量管理を前提に厳格な流通規制が行われていました。

 しかし、社会情勢や食生活が大きく変わっている中、戦前からの制度は過剰在庫や生産調整など大きなほころびが出ていました。それが決定的に顕在化したのが、その年の大冷害による戦後最大の不作です。米不足から農水省はタイ、中国などから米を緊急輸入しますが、結果的にはタイ米などは大量に余ってしまいます。翌94年にはガット・ウルグアイラウンド農業合意が妥結され、米の段階的な輸入解禁が決まりました。

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです