メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「18歳の酒プロジェクト」で地域内外の人が田植えをした=2017年5月20日

米農家が焼酎づくりを始めた

 福島県の米焼酎はあまりなじみがないかもしれないが、製造方法は蒸留以外ほとんど日本酒と同じだ。蒸留酒は温度管理が容易なことから沖縄や九州へと伝わったが、寒冷な土地では日本酒を醸すことができ、貯蔵や製品管理も容易だったのであまり広まらなかっただけだ。日本酒の醸造技術と焼酎の蒸留技術で世界に通用する酒が生まれるはずとの思いで米焼酎づくりを始めた。

 只見町は福島県の西端で豪雪地帯だ。人口が約4000人で高齢化率は45%以上。耕作放棄による田畑の荒廃も始まっている。2016年2月、米作りの将来に不安を抱いていた米農家さんから「只見高校の講演会で高知県の米焼酎づくりの話を聞いた。只見でもできないだろうか」と相談を受けた。さっそく翌月、私と米農家5人、町役場職員1人の計7人で高知県本山町の「ばうむ合同会社」へ視察に行った。同社では、棚田で「天空の…

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです