メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「18歳の酒プロジェクト」で地域内外の人が田植えをした=2017年5月20日

 福島県の米焼酎はあまりなじみがないかもしれないが、製造方法は蒸留以外ほとんど日本酒と同じだ。蒸留酒は温度管理が容易なことから沖縄や九州へと伝わったが、寒冷な土地では日本酒を醸すことができ、貯蔵や製品管理も容易だったのであまり広まらなかっただけだ。日本酒の醸造技術と焼酎の蒸留技術で世界に通用する酒が生まれるはずとの思いで米焼酎づくりを始めた。

 只見町は福島県の西端で豪雪地帯だ。人口が約4000人で高齢化率は45%以上。耕作放棄による田畑の荒廃も始まっている。2016年2月、米作りの将来に不安を抱いていた米農家さんから「只見高校の講演会で高知県の米焼酎づくりの話を聞いた。只見でもできないだろうか」と相談を受けた。さっそく翌月、私と米農家5人、町役場職員1人の計7人で高知県本山町の「ばうむ合同会社」へ視察に行った。同社では、棚田で「天空の…

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. ORICON NEWS 多部未華子、岩田剛典からサプライズ花束「うれしい!」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです