メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

from OTTAVA

ほとばしる激情~五十嵐薫子さん「オール・ショパン・プログラム」

「一音一音、魂を込めて」ショパンの激情をほとばしらせた五十嵐薫子さん=アーク紀尾井町サロンホールで2017年6月29日、福田光朝撮影

 世界へ羽ばたく若き音楽家を応援する「アーク紀尾井町サロンホール」(東京都千代田区)のプロジェクト「OTTAVA Verde(オッターヴァ・ヴェルデ)」(アーク証券主催)。第3回コンサート「オール・ショパン・プログラム」が6月29日、同ホールで開かれ、桐朋学園大学大学院ピアノコース1年の五十嵐薫子さん(22)が「英雄ポロネーズ」、ピアノソナタ第3番など10曲を演奏した。五十嵐さんにとって、ショパンはモーツァルトと並んで一生取り組みたいという作曲家。「一音一音、魂を込めて」ショパンの激情をほとばしらせた。

 6歳からピアノを始めた五十嵐さん。小さいころは「高音部のキラキラした音色をほめられて、モーツァルトばかり弾いていた」が、「大きな音が出ない」と講評されたこともあったという。強いタッチを自分のものにしたのは最近のこと。「指というより、強い音に耳が慣れてきた感じ。大ホールで響くことをイメージしたら弾けるようになった。でも『頑張らなきゃ』と思い込みすぎると、キンキンした音になる」と自らを戒める。

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1253文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです