メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

from OTTAVA

ほとばしる激情~五十嵐薫子さん「オール・ショパン・プログラム」

「一音一音、魂を込めて」ショパンの激情をほとばしらせた五十嵐薫子さん=アーク紀尾井町サロンホールで2017年6月29日、福田光朝撮影

 世界へ羽ばたく若き音楽家を応援する「アーク紀尾井町サロンホール」(東京都千代田区)のプロジェクト「OTTAVA Verde(オッターヴァ・ヴェルデ)」(アーク証券主催)。第3回コンサート「オール・ショパン・プログラム」が6月29日、同ホールで開かれ、桐朋学園大学大学院ピアノコース1年の五十嵐薫子さん(22)が「英雄ポロネーズ」、ピアノソナタ第3番など10曲を演奏した。五十嵐さんにとって、ショパンはモーツァルトと並んで一生取り組みたいという作曲家。「一音一音、魂を込めて」ショパンの激情をほとばしらせた。

 6歳からピアノを始めた五十嵐さん。小さいころは「高音部のキラキラした音色をほめられて、モーツァルトばかり弾いていた」が、「大きな音が出ない」と講評されたこともあったという。強いタッチを自分のものにしたのは最近のこと。「指というより、強い音に耳が慣れてきた感じ。大ホールで響くことをイメージしたら弾けるようになった。でも『頑張らなきゃ』と思い込みすぎると、キンキンした音になる」と自らを戒める。

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1253文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです