メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「IS打倒へ、露協力を」 国務長官が異例の声明

ティラーソン米国務長官=小川昌宏撮影

 【ワシントン会川晴之】ティラーソン米国務長官は5日、シリア内戦終結と過激派組織「イスラム国」(IS)打倒のためには、ロシアの協力が不可欠との異例の声明を発表した。7日にドイツのハンブルクで行う初の米露首脳会談を前に、米国の立場を鮮明に打ち出し、ロシアの協力を求めた形だ。

 声明で、米露両国はすでにシリアで非戦闘地域の設置に合意したほか、軍同士も…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです