メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
どうすれば安全安心

味覚障害、原因と対策は? 歯ブラシで舌を傷めないで

味覚障害の主な症例と対策

 最近、料理がおいしくない。ついつい調味料を使いすぎてしまう。何を食べても味がしない。そんなあなたは「味覚障害」かもしれない。病気や食生活だけではなく、生活習慣の中にも、口の中の異変を招く「落とし穴」があるという。食事が楽しめない障害の原因と対策をまとめた。【吉井理記】

舌磨きは朝1回で十分/薬の副作用にも注意/亜鉛を意識して取ろう

 記者も料理をするが、たいてい味付けに失敗してしまう。味見をしているのになぜ? もしかして味覚障害なのか。心配になって中川駅前歯科クリニック(横浜市都筑区)を訪ねた。院長の二宮威重(たけし)さんは、味覚障害の患者も診療してきたベテランである。

 「ただの料理下手ですね。味覚障害の症状はもっと深刻です」。一口に味覚障害といっても▽味(甘み、酸味…

この記事は有料記事です。

残り2082文字(全文2419文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです