メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

番組支えるチェッカー

 1975年に放送が始まった日曜昼の長寿クイズ番組「パネルクイズアタック25」(大阪・朝日放送制作、テレビ朝日系)の問題作成者を取材したことがある。クイズ作家らが会議に持ち寄る問題数は、社会や科学から、流行に関する話題まで番組1回につき200問超。うち実際に放送されるのは30問超で、採用は「狭き門」だ。

 驚きだったのは、問題作成者と別に「チェッカー」と呼ばれる人がいたことだ。答えの真偽の確認のため多様…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです