メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イモニウオーク

奥松島の魅力知って インドネシア被災市も紹介 /宮城

「イモニウオーク奥松島2017」の開催をPRする担当者=東松島市の東松島みらいとし機構で

 東松島市の野蒜や宮戸地区など奥松島の魅力を知ってもらおうと、東松島みらいとし機構(東松島市)などは16日、「イモニウオーク奥松島2017」を開催する。今年で3回目。

 同イベントは、国際協力機構(JICA)と、東日本大震災で大きな被害があった東松島市、スマトラ沖地震で大災害に見舞われたインドネシアのバンダ・アチェ市が取り組む草の根技術協力事業の一環。両市が交流を深める中で発案したという。

 JR仙石線野蒜駅前を出発し、震災復興伝承館や、松ケ島橋、観音寺津波の碑など10カ所に設けられたスタ…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文625文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  5. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです