メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筑波会議

初会合 世界の若手研究者ら「社会と科学」議論へ 19年秋つくばで開催 検討委を今秋にも設置 /茨城

世界中の若手研究者を集める「筑波会議」開催に向け、主催団体が初会合を開いた=東京都千代田区で

 世界の若手研究者らが「社会と科学」に関する幅広い問題を議論する「筑波会議」の主催団体が5日、東京都千代田区の学士会館で初会合を開き、2019年秋に第1回の会議をつくば市内で開催することを正式決定した。

 同会議は40代までの若手研究者や学生らを対象とし、財界の要人や文化人が集まる「ダボス会議」の日本版を目指し、永田…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文396文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです