メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

「スキル上げたい」 ゴールボール強化指定選手、所沢市民体育館で初の練習会 /埼玉

熱のこもった練習をする選手たち=所沢市並木の所沢市民体育館で

 2020年東京パラリンピックに向け、視覚障害者の球技「ゴールボール」のナショナルトレーニングセンター「競技別強化拠点施設」に指定された所沢市の市民体育館で、強化指定選手たちの初めての練習会が先月末から今月初めにかけて行われた。

 競技は1チーム3人でプレー。目隠しをして鈴が入ったボールを転がし、ゴールを狙う。守備は体を投げ出すなどして阻止する。

 市民体育館が競技別強化拠点施設になったことで、今後も選手たちはサブアリーナを優先的に使用できる。合同の練習会のほか、個人練習でも使える。市側は国の補助を受けて、ボールスタンドやゴールポストなどの備品を購入し、環境を整える。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです