特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

九州豪雨

11人安否不明 福岡・大分に特別警報

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 活発な梅雨前線が停滞した影響で、西日本では5日、局地的に大雨が降った。気象庁は重大な災害が発生する危険が高まっているとして、同日午後、福岡、大分両県の広範囲に大雨特別警報を出した。両県では河川の堤防の決壊や土砂崩れなどが相次ぎ、一時計約45万人に避難指示が発令された。福岡県警などによると両県で、子供1人を含む11人の安否不明情報がある。政府は自衛隊などによる6000人規模の救助・捜索を6日午前5時から開始する。

 気象庁は5日午後5時51分に福岡県の16市町村に、また同7時55分には大分県の15市町に相次いで大雨特別警報を発表した。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文644文字)

あわせて読みたい

注目の特集