メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露首脳会談

あす初顔合わせ 関係前進は困難 疑惑続々

 【モスクワ杉尾直哉、ワルシャワ高本耕太】トランプ米大統領とプーチン露大統領が7日、主要20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれる独ハンブルクで会談する。トランプ氏が今年1月に就任して以降、両氏は初顔合わせ。オバマ前政権時代に関係を悪化させた米露にとって、新たな関係構築へ向けた一歩となるか注目されるが、ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑「ロシアゲート」問題でトランプ政権が揺れる中、会談で大きな前進は望めないとの見方が強い。

 プーチン氏は昨年11月の米大統領選以降、今年5月までにトランプ氏と計4回、電話協議を重ねてきた。オバマ前政権が対露制裁などの「組織的なロシア封じ込め策」(露大統領府)を維持したのに対し、昨年の大統領選からプーチン氏の指導力を称賛し「ロシアと協調できれば素晴らしい」と繰り返してきたトランプ氏が状況を変えてくれるのではないか、との期待がロシア側にあったからだ。プーチン大統領は6月15日、毎年恒例の国…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文1073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  2. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです