メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

巨大経済圏、米中に圧力 世界GDPの3割

日本が関わる経済圏構想

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉が5日(日本時間同日夜)、大枠合意に達した。世界の国内総生産(GDP)の約3割を占める巨大な自由貿易圏の誕生は、世界の通商交渉にも影響を与えそうだ。【片平知宏、小川祐希】

 EPAが発効すれば、9割超の品目の関税が撤廃される見込み。世界の人口の約1割、世界の貿易総額の約4割を占める巨大な自由貿易圏が誕生することになる。

 輸出増加などを通じたGDPの押し上げ効果は、日本が1%以上、EUは0・76%程度に上ると試算されて…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです