メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

巨大経済圏、米中に圧力 世界GDPの3割

日本が関わる経済圏構想

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉が5日(日本時間同日夜)、大枠合意に達した。世界の国内総生産(GDP)の約3割を占める巨大な自由貿易圏の誕生は、世界の通商交渉にも影響を与えそうだ。【片平知宏、小川祐希】

 EPAが発効すれば、9割超の品目の関税が撤廃される見込み。世界の人口の約1割、世界の貿易総額の約4割を占める巨大な自由貿易圏が誕生することになる。

 輸出増加などを通じたGDPの押し上げ効果は、日本が1%以上、EUは0・76%程度に上ると試算されて…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです