メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

巨大経済圏 米中に圧力 識者談話

ルール作りが重要 細川昌彦・中部大特任教授

 関税引き下げに注目が集まりがちだが、本質的に重要なのは日欧で通商・産業政策に関するルール作りができるようになることだ。協定には規制当局同士の協力が盛り込まれており、例えば自動車の自動運転機能の国際標準設計を日欧が主導すれば、米国の自動車産業が慌てて米政府に対応を促すことになる。自国の自動車産業から突き上げられれば、米政府も国際交渉の舞台に上がらざるを得ず、一度は離脱したTPPなどの再交渉に応じる可能性が出てくる。通商交渉に際しては、国内に巨大市場を持つ米国や中国が主導権を握りがちだが、こうしたルール作りを日欧が主導で…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  3. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  4. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです