連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

日本の未来が見える=宮本アジア研究所代表・元駐中国大使 宮本雄二

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本の農林水産業の現場で、新しい時代を切り開こうと奮闘している多くの人たちがいることを最近、知った。「農林水産業のみらいの宝石箱」(一般社団法人農林水産業みらい基金)という本を読んで、それを知ったのだが、感動した。彼らを支えているのは、新しい発想とたくましい行動力であり、それに何よりも自分たちの住むところを良くしたいという強い思いだ。より多くの人がその思いを共有し立ち上がれば、コミュニティーは必ず良くなる。それがすでに始まっていることを知り、日本の未来も捨てたものではないと感じた。

 厳しい現実は現場に難しい課題を突き付けている。その課題はますます複雑となり、しかも答えはさまざまだ。答えを出すためには、皆で知識を持ち寄り、チームで考えるしかない。やはり「人」が鍵なのだ。だが、本当に個々人の発想と努力だけに任せておいて良いのだろうか。現行の制度や社会の「常識」が、自由に発想し行動することを邪魔してはいないだろうか。グローバル経済の時代となり、日本もその恩恵を随分と受けた。そして…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文720文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集