核兵器禁止条約

採択へ 核廃絶機運、高まるか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
核兵器禁止条約の最終草案について説明するホワイト議長=ニューヨークの国連本部で2017年7月3日、三木幸治撮影
核兵器禁止条約の最終草案について説明するホワイト議長=ニューヨークの国連本部で2017年7月3日、三木幸治撮影

 ニューヨークの国連本部で交渉会議が行われている核兵器禁止条約が7日(現地時間)、採択される見通しだ。広島、長崎への原爆投下から72年を前にして、核兵器を違法とする条約が初めて誕生する。現時点で核保有国や、日本など核の傘に依存する国が加盟する可能性はないが、交渉参加国は核廃絶への第一歩と位置付け、国際世論の高まりに期待する。【ニューヨーク國枝すみれ、三木幸治】

この記事は有料記事です。

残り1875文字(全文2056文字)

あわせて読みたい

ニュース特集