メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-久保利明王将 第1局の1

帰って来た三浦

 名人戦七番勝負が決着して2日後、第76期A級順位戦が幕を開けた。21年ぶりの20代対決となった名人戦に劣らず、今期の順位戦も話題には事欠かない。

 その一つは、昨秋に持ち上がったソフト不正使用疑惑によって休場を余儀なくされた三浦弘行九段の復帰である。

 本紙でも折に触れて報じられた通り、昨年末に第三者委員会によって「不正使用を疑うに足る証拠はない」と結論づけられて以降、三浦九段の復帰への道筋が注目されるようになった。今年に入り、他棋戦では着々と復帰戦が行われ、ようやく8カ月ぶりでA級の舞台に戻る日が来た。

 6月8日、東京。特別対局室には久保、三浦の順に入った。久々に会う三浦は、復帰初戦のころに比べると、…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文845文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]