メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

2015年「夫婦別姓訴訟」最高裁判決 国会での議論促す

夫婦別姓訴訟の上告審判決で、最高裁に入る原告団=東京都千代田区で2015年12月16日午後2時19分、喜屋武真之介撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 憲法24条は、夫婦は「同等の権利を有する」と明記しています。また、13条は「すべて国民は、個人として尊重される」と定め、14条は「法の下の平等」について性別などで差別されないことを記しています。

 一方、民法750条は明治時代から、夫婦は「夫または妻の氏を称(しょう)する」と規定し、どちらかの姓(せい)を選(せん)択(たく)しなければなりません。2015年の政府の調査では、法律婚(こん)の夫婦の96%が夫の姓を選び、多くの女性が名字を変えているのが現状です。しかし、女性の社会進出に伴(ともな)い、「これまでの姓で築いてきたキャリアを中断したくない」「姓を変えると、アイデンティティーを失う気がする」といっ…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです