メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
憲法を知りたい

2015年「夫婦別姓訴訟」最高裁判決 国会での議論促す

夫婦別姓訴訟の上告審判決で、最高裁に入る原告団=東京都千代田区で2015年12月16日午後2時19分、喜屋武真之介撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 憲法24条は、夫婦は「同等の権利を有する」と明記しています。また、13条は「すべて国民は、個人として尊重される」と定め、14条は「法の下の平等」について性別などで差別されないことを記しています。

 一方、民法750条は明治時代から、夫婦は「夫または妻の氏を称(しょう)する」と規定し、どちらかの姓(せい)を選(せん)択(たく)しなければなりません。2015年の政府の調査では、法律婚(こん)の夫婦の96%が夫の姓を選び、多くの女性が名字を変えているのが現状です。しかし、女性の社会進出に伴(ともな)い、「これまでの姓で築いてきたキャリアを中断したくない」「姓を変えると、アイデンティティーを失う気がする」といっ…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文806文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです