メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

涼しい五輪へ剪定 熱中症対策、沿道に「緑の日傘」

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、東京都は5日、想定されるマラソンコースや主要競技会場周辺の街路樹を活用した暑さ対策を始めた。街路樹を大きく育てるために剪定(せんてい)して、観客らが涼を感じられるように日差しを遮る木陰をつくる。都によると、国内で街路樹を使ったこのような大規模な暑さ対策は初めてという。

 都は昨年、マラソンコースの候補となる皇居周辺や競技会場が集中する臨海部などの総距離44・9キロの都道などで街路樹や道路の状況を調査した。約半分の距離で約2000本の街路樹の枝葉が広がっても支障がないと判断。大きく育てつつ、木が倒れないようなバランスを保つため剪定することにした。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです