メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外 羽生結弦、全日本選手権を欠場 連盟発表 一覧へ

小学生交流事業

旅行業法違反か 神奈川・平塚市が中止

 神奈川県平塚市は5日、友好都市の静岡県伊豆市と岩手県花巻市に小学5、6年生を派遣する2交流事業が旅行業法に違反する可能性があるとして、今年の派遣を中止したと発表した。

     市文化・交流課によると、同法は旅行の募集や費用収集は国や県の登録業者に限っており、市が募集や参加費を集めることが同法に抵触する可能性があるという。同課は「収益が目的でなく、教育や研修の事業だったが、認識が甘かった」とし、来年度は「子どもたちに経験を積ませる事業なので、旅行業者を利用するなどして実施したい」と話した。

     伊豆市との交流事業は今月26日から1泊2日で20人が、花巻市との交流事業は8月2日から2泊3日で18人が参加予定だった。市は関係者に電話と文書で謝罪している。【渡辺明博】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相撲協会 元日馬富士処分は「引退勧告相当」提案へ
    2. 結婚 平幕の宝富士「24歳歯科助手と」発表
    3. 大宮風俗店火災 火元は2階南側のゴミ置き場付近か
    4. 高知・死体遺棄 複数の傷を確認 他殺の可能性捜査 
    5. 阪急京都線 視覚障害89歳女性ホーム転落、はねられ死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]