メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「鉄人」衣笠祥雄さん死去 広島で活躍 71歳
九州豪雨

地元企業など、操業や営業に影響

豪雨で土砂に埋まった道路に立ち尽くす人たち=福岡県朝倉市杷木町で2017年7月6日午前9時5分、津村豊和撮影

 九州北部の記録的豪雨で、地元企業などでは操業や営業に影響が出た。

 ダイハツ九州(大分県中津市)は、5日夜から稼働を停止していた久留米工場(福岡県久留米市)について従業員の安全を優先するため、6日夕方まで停止を継続することを決めた。同工場はエンジンを生産しており、この影響で車両を組み立てる中津工場も同日夜まで生産を休止する。

 山口油屋福太郎(福岡市)は辛子(からし)明太子入りせんべい「めんべい」を製造する英彦山工場(福岡県添田町)に続く道路が通行止めのため、同工場の稼働を終日休止することを決めた。建設・砕石事業を手がけるサイタホールディングス(福岡県朝倉市)は砕石工場で6日の作業を終日休止する。福岡銀行(福岡市)は杷木支店(福岡県朝倉市)の開店時間を約50分遅らせた。

 また、電子部品大手のTDK(東京)は機能性フィルムを製造する三隈川工場(大分県日田市)の操業を6日午前0時から8時半まで休止した。大雨の中、従業員が出勤するのは危険が伴うと判断した。【まとめ・石田宗久】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  3. セクハラ疑惑 財務次官の辞任承認 退職金の支払いは保留
  4. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ/空き家1000軒/果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]