メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国務長官

「IS打倒、露の協力不可欠」異例の声明

ティラーソン米国務長官=小川昌宏撮影

 【ワシントン会川晴之】ティラーソン米国務長官は5日、シリア内戦終結と過激派組織「イスラム国」(IS)打倒のためには、ロシアの協力が不可欠との異例の声明を発表した。7日にドイツのハンブルクで行う初の米露首脳会談を前に、米国の立場を鮮明に打ち出し、ロシアの協力を求めた形だ。

 声明で、米露両国はすでにシリアで非戦闘地域の設置に合意したほか、軍同士も…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです