メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20首脳会議

7日開幕 自由貿易、気候変動が議題に

ドイツのハンブルク 北朝鮮ミサイル対応も注目

 【ブリュッセル三沢耕平】日米欧、新興国など主要20カ国・地域(G20)首脳会議が7、8日、ドイツのハンブルクで開かれる。地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」離脱を表明し、保護主義色を強める米国のトランプ大統領を迎え入れ、これまで築いてきた国際的な協調路線を維持できるかが焦点。直前に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した北朝鮮に対し、各国がどこまで結束できるかも注目される。

 会議で議長を務めるメルケル独首相は、自由貿易や気候変動を主要議題に位置づけており、5月にイタリアで開いた主要7カ国(G7)首脳会議に続き、米国の出方が最大の焦点となる。メルケル氏は米国を孤立させない考えも示しており、開幕前日の6日にトランプ氏との個別会談に臨む。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです