メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮ミサイル

米がICBMと断定 米韓が対抗に訓練

 【ワシントン山本太一】米政府は4日(米東部時間)、北朝鮮による新たな弾道ミサイル発射実験に関する当初の認識を改め、大陸間弾道ミサイル(ICBM)であると断定した。トランプ政権は対抗措置として、在韓米軍と韓国軍が北朝鮮指導部への精密攻撃を想定した弾道ミサイルの発射訓練を実施。また「全ての国が北朝鮮に対し、核兵器を追い求め続けるのならば代償が伴うことを通告すべきだ」(ティラーソン国務長官)との考えを示し、国際社会による北朝鮮への圧力を強化する構えだ。

 米太平洋軍は発射直後は「中距離弾道ミサイル」との認識を示していたが、その後の分析で、ミサイルが2段…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文807文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ火災で全国の「聖地」に衝撃 各地から「心配だ」「ショックだ」の声
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです