NHKネット配信

「本来業務」に違和感 TBS社長苦言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 TBSの武田信二社長は5日の定例記者会見で、NHKが放送と同時にネットにも番組を流す「同時配信」を2019年開始に向け準備していることについて「NHKはインターネット業務を『補完業務』と位置づけていたが、『本来業務』と言い切ったことに大変な違和感を感じる」と疑問を呈した。4日に開かれた総務省の有識者会合で、NHKの坂本忠宣専務理事が「(同時配信を)将来的には本来業務とさせてほしい」と表明しており、これに反論した形。

 NHKは、テレビ放送やラジオ放送の「本来業務」に対し、インターネット業務は「放送の補完」と位置づけ、番組の周知や補足説明などに限定。事業費も各年度の受信料収入の2.5%までと定めている。受信料改革の方向性を議論するNHK会長の諮問機関は6月27日、同時配信だけを見る人にも受信料負担を求めることに「一定の合理性」があるとする中間答申案をまとめており、坂本専務理事はこの答申案を「本来業務」とする根拠…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文579文字)

あわせて読みたい

ニュース特集