メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州豪雨

積乱雲、高度15キロ超 福岡・朝倉市、5日の雨ピーク時

5日午後3時過ぎに福岡県朝倉市周辺の上空に現れた巨大な積乱雲の立体図。赤い部分は雨の量が特に多い(国土交通省のデータを基に、防災科学技術研究所が作成)

 九州北部豪雨に関連し、防災科学技術研究所(茨城県つくば市)は6日、雨がピークに達した5日午後3時過ぎの福岡県朝倉市周辺上空の気象状況の立体図を公表した。強い上昇気流を伴う高度15キロ超の巨大な積乱雲が確認できる。

 同研究所が、国土交通省の雨量データなどを三次元解析したところ、高度8キロ程度まで液体…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです