メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

化粧品、開発も出店も 東京工科大・研究サークル

 東京工科大学八王子キャンパス(東京都八王子市)の応用生物学部には、日本で唯一化粧品を専門的に学ぶ先端化粧品コースがある。3年生から本格的に講義が始まるのに先駆け、入学当初から学ぼうと活動する化粧品研究サークル「LCC」を訪ねた。【昭和女子大・後藤梓】

 メンバーのほとんどは応用生物学部の学生。女子が中心だが男子数人も含めた60人ほどが在籍している。「化粧品」イコール「メーク用具」ではなく、スキンケアなど広い意味で化粧品の研究に携わる。応用生物学部2年、三嶋大樹さん(20)は「ヘアケアに興味があった」と入部の動機を語った。

 活動は週に1度、学内で行うグループ研究が中心だ。学部で受ける講義を参考にしながら、化粧品の比較、リップクリームの作製実験など自分たちがやりたい研究をきめ細かく行う。

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1324文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです