メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「年を取るほど生命力があふれギラギラしてくる。肉体的って言うより精神的に精力が増してくる感じがするな」=長野県大町市で

15年で全集書く 枯淡?大嫌いだ

 「『夕方から楽しく』? そりゃ、ぴったりだ、今の俺に。なんか、運命的な感じがするなあ。いろいろ結びついた、結晶したっていうのか」

 自宅のある長野県大町市。駅で迎えてくれた作家はこわもてのイメージを裏切り、ずいぶん上機嫌だ。「いや、この9月から全集を出すことが決まってね。俺は注文には応じないの。出版社を自分で選ぶから。それで、いろいろ企画を提案してくれてた出版社、柏艪(はくろ)舎(札幌市)に電話で持ちかけたら、一発で乗ってきて、代表と編集者が飛んできてくれて、とんとん拍子で決まったんだよ」

 全集といっても短編集を含む70冊を超す過去の小説群をただ集めるのではない。過去半世紀、切れ目なく書…

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1906文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 鮮明な写真公開 タンカー攻撃で 米政府 「イラン関与」を改めて主張
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で
  5. 国家戦略特区 政府ワーキンググループ委員関連会社 提案者から指導料200万円、会食も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです