メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「年を取るほど生命力があふれギラギラしてくる。肉体的って言うより精神的に精力が増してくる感じがするな」=長野県大町市で

15年で全集書く 枯淡?大嫌いだ

 「『夕方から楽しく』? そりゃ、ぴったりだ、今の俺に。なんか、運命的な感じがするなあ。いろいろ結びついた、結晶したっていうのか」

 自宅のある長野県大町市。駅で迎えてくれた作家はこわもてのイメージを裏切り、ずいぶん上機嫌だ。「いや、この9月から全集を出すことが決まってね。俺は注文には応じないの。出版社を自分で選ぶから。それで、いろいろ企画を提案してくれてた出版社、柏艪(はくろ)舎(札幌市)に電話で持ちかけたら、一発で乗ってきて、代表と編集者が飛んできてくれて、とんとん拍子で決まったんだよ」

 全集といっても短編集を含む70冊を超す過去の小説群をただ集めるのではない。過去半世紀、切れ目なく書…

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 幸福度1位 フィンランドに見るゆとりと透明性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです