メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「年を取るほど生命力があふれギラギラしてくる。肉体的って言うより精神的に精力が増してくる感じがするな」=長野県大町市で

15年で全集書く 枯淡?大嫌いだ

 「『夕方から楽しく』? そりゃ、ぴったりだ、今の俺に。なんか、運命的な感じがするなあ。いろいろ結びついた、結晶したっていうのか」

 自宅のある長野県大町市。駅で迎えてくれた作家はこわもてのイメージを裏切り、ずいぶん上機嫌だ。「いや、この9月から全集を出すことが決まってね。俺は注文には応じないの。出版社を自分で選ぶから。それで、いろいろ企画を提案してくれてた出版社、柏艪(はくろ)舎(札幌市)に電話で持ちかけたら、一発で乗ってきて、代表と編集者が飛んできてくれて、とんとん拍子で決まったんだよ」

 全集といっても短編集を含む70冊を超す過去の小説群をただ集めるのではない。過去半世紀、切れ目なく書…

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1906文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す
  3. 東京 手作り傘屋、別れの涙雨 台東区の老舗、来月閉店
  4. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  5. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]