メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農and食

真狩高校 中学生の農業体験サポート /北海道

 真狩高校(定時制・農芸科学科、青木保繁校長)の生徒が今年6月1日、札幌市の新川西中学校の生徒たちの農業や製菓体験をサポートした。

 村外の児童、生徒らを対象とした「食農教育」活動は初めての取り組み。宿泊学習で真狩村を訪れた新川西中の2年生170人を村内10軒の農家と共に受け入れた。

 真狩高校にやって来たのは41人で、「農業班」「製菓班」の2班に分かれて体験学習に参加した。

 農業班の先生役を務めたのは、有機農業コースの2年生14人。その一人は「地元の小学生と一緒に野菜の定…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文806文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです