メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山本地方創生担当相

道の駅やカフェ視察 川場・高崎 /群馬

川場田園プラザの農産品売り場で、永井彰一社長(左)から説明を聞く山本幸三地方創生担当相(中央)。右は外山京太郎村長=川場村萩室で

 地域の意欲ある取り組みやニーズを把握するため、山本幸三地方創生担当相が6日、県内を訪れ、川場村の道の駅「川場田園プラザ」や高崎経済大生が経営するカフェを視察した。視察後、「東京一極集中を是正するには学生が地域と一緒に地域再生に貢献したり、都心の人に来てもらったりすることが大切。群馬にはその本質を捉えた先進的な取り組みがあることを知った」と語った。

 山本担当相は川場田園プラザで、地元産の野菜売り場やパン工房などを見学し、生産から加工、販売まで手掛ける6次産業化の乳製品などを試食した。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  2. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  3. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  4. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

  5. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです