メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

連携強化を 競技会場市長ら、丸川担当相に要請 /埼玉

丸川珠代五輪担当相(中央右)に要請書を渡す(左から)富岡勝則・朝霞市長、川合善明・川越市長、上田清司知事、並木傑・新座市長、松本武洋・和光市長=東京都千代田区永田町の中央合同庁舎で

 2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場となる県内4市の市長らが6日、丸川珠代五輪担当相と大会組織委員会を訪れ、大会に向けた連携強化を要請した。

 市長らと共に丸川担当相を訪れた上田清司知事は「各自治体には(いまだに)国や大会組織委員会から競技会場として正式な要請が届いていない」と指摘。4市を大会の関係自治体として明確に位置づけ、地元の意見を反映…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  4. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです