バレーボール

全国高校総体、伊勢原高校女子が21年ぶり出場 /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県立伊勢原高校の女子バレーボール部が、21年ぶりに全国高校総合体育大会(インターハイ)出場を決めた。インターハイに15回出場した伝統校だが、一昨年と昨年は出場2チームを決める県予選の決勝リーグに進めず、観客席から試合を見つめた。その悔しさをバネに、走り込みと厳しいウエートトレーニングを乗り越え、精神力を鍛え上げた。

 部員は現在38人。レギュラーの平均身長は164・4センチと体格に恵まれているわけではない。決勝リーグは大和南に敗れて準優勝だったものの、粘ってつなぐ全員バレーで全国への切符を手にした。

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文450文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集