メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

日欧EPA 食卓への恩恵、どこまで 国内生産者は痛手

 日本と欧州連合(EU)は、経済連携協定(EPA)で大枠合意した。チーズ、ワイン、チョコレート、パスタといったEUからの輸入品について消費者は値下がりを期待でき、欧州産品を楽しめる機会が増える可能性もある。国内の酪農家が打撃を受ける決着でもあるが、その背景には今回の交渉で焦点となったチーズがコメほどには政治的に重要産品でないこともあった。

 6日午後、東京都中央区の日本橋高島屋。ワイン売り場には、フランスなど欧州産ワインがずらり。品定め中…

この記事は有料記事です。

残り1913文字(全文2133文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです