メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

DV家庭 子供たちの心に深い傷=坂根真理(生活報道部)

DV家庭で育った子供が描いた絵日記。父親にたたかれている様子が描かれ「かなしかった」と書いている=坂根真理撮影

社会で適切な支援を

 ドメスティックバイオレンス(DV)を目撃して育つ子供にはどんな影響があるのか。DV家庭の子供たちの実態を1年かけて取材し、4~5月、くらしナビ面で「消えない傷~DV家庭に育って~」を連載した。改めて思うのは、DV家庭の子供たちに支援の手がほとんど届いていないということだ。

 2004年の児童虐待防止法改正で、DVを目撃することが心理的虐待「面前DV」になると定められた。だが、こうした家庭で生まれ育った子供の実態はあまり知られていない。暴力で人をコントロールすることがすり込まれた子供が大人に成長し、DV加害者になるケースもある。「暴力の世代間連鎖」を断つには、早い段階から子供に専門的なケアをする必要があるが、支援は乏しい。面前DVが増加している昨今、支援は待ったなしの状況だと感じる。

 16年、警察が児童相談所へ虐待の疑いがあると通告した子供は5万4227人(前年比46・5%増)で、そのうち面前DVが半分近くを占める。統計を取り始めた04年以来、12年連続で増加している。

この記事は有料記事です。

残り1595文字(全文2044文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック感染対策、難題手つかずで越年 定まらぬ観客対応、膨張する費用

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 野党4党、会期延長動議提出へ 菅政権「逃げ切り」批判 自民は「しない」明言

  4. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  5. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです