メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「シリアに飛行禁止区域」 露と共同で設定提案

ティラーソン国務長官

 【ワシントン会川晴之】ティラーソン米国務長官は5日、シリア情勢に関する声明を発表し、ロシアと共同でシリア上空に「飛行禁止区域」を設定する用意があることを明らかにした。シリア内戦終結と過激派組織「イスラム国」(IS)打倒のためにロシアの協力が不可欠との考えも表明。ドイツ・ハンブルクでの米露首脳会談を7日に控える中、協力しやすい分野で関係修復を図る狙いがあるとみられる。

 声明は飛行禁止区域設定のほか、地上での停戦監視や人道支援物資輸送の調整に関して、米露共同の仕組みを構築する可能性を指摘。米露が協力してシリア安定化に取り組めば、シリアの政治的解決に向けた土台を築くことになるとしている。

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ガンダム映画、史上最多214館で公開 『閃光のハサウェイ』第1弾予告編&キャスト解禁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 白州12年、3年ぶり再発売 3月30日、数量限定 原酒不足で販売休止 サントリー

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです