メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

自動車輸出に追い風 成長押し上げ期待

 日欧経済連携協定(EPA)交渉が大枠合意に達し、欧州連合(EU)域内で日本製工業品の幅広い品目にかけられている関税が撤廃・削減されることになった。自動車や電気製品の輸出拡大を通じて、日本経済の成長を後押しする効果が期待される。【和田憲二】

 「基本的にポジティブだ」(日産自動車)「欧州向け製品の関税が下がることはメリットだ」(三菱電機)。欧州向け輸出の最大品目である自動車や、同じく代表的な輸出産業の電機業界からは、EPA合意に歓迎の声が上がった。

 自動車を巡っては、韓国が日本に先行して2011年にEUとの自由貿易協定(FTA)を発効させた。16…

この記事は有料記事です。

残り1105文字(全文1380文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです