メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

エステル・ミケルさん=フランス初の和食駅弁店を開いた

エステル・ミケルさん

 フランスで「エキベン」という日本語が通じる日が来るかもしれない。

 パリ近郊のイシー・バル・ドゥ・セーヌ駅で2015年、フランス初の和食の駅弁店を開いた。便利さと味が人気を呼び、昨年にもパリ近郊の別の駅などで新たに2店舗を設けた。

 「車や地下鉄が中心のフランスで駅弁のようなものはなかった。これからもっと人気が出ると思う」。流ちょうな日本語に熱がこもる。

 「遠くの国に行ってみたい」と1992年から1年間、兵庫県の高校に留学した。ホームステイ先の大阪市平野区の家庭で和食に出会った。「おいしくて1年で8キロも太った」

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 国勢調査用の個人情報紛失 大阪・泉南市が22世帯分 氏名や住所、世帯人数記載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです