メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千種ゆり子・お天気みちくさ

水需要増える季節…節水を

 台風3号が4日、長崎市付近に上陸し、九州や太平洋側を中心に暴風・大雨となりました。台風上陸の前日、3日には静岡や鳥取で35度以上の猛暑日を記録。目まぐるしい天気変化で今月はスタートしたわけですが、この二つは切り離せない関係にあります。台風には近くの高気圧を強める作用があります。このため台風の発生で太平洋高気圧が強められて猛暑となったのです。暑さに慣れていない私の体は、パンチを食らって疲弊してしまいました。

 私のほかにも、暑さによってジワジワとボディーブローを食らってしまうものがあります。ダムです。雨が少なければダムの貯水量が減る、これは想像しやすい図式かと思います。一方で、実は暑さによってもダムは疲弊します。環境省が2009年に発表した調査によると、東京では最高気温が1度上昇すると、水の使用量は0・7%増加します。また、夏季(7~8月)だけを見ると、1%程度増加するそうです。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号、24~25日に東日本から東北に接近の恐れ 土砂災害など警戒を

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 歌手の守屋浩さん死去 81歳 「僕は泣いちっち」「大学かぞえうた」

  5. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです