メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセスランキング

(7月1日~7月7日)ヒアリどこまで

 強い毒を持つ南米原産のヒアリ。5月以降、兵庫県尼崎市や神戸港で見つかっていたのは働きアリでしたが、3日に大阪南港(大阪市住之江区)で発見された死骸は女王アリと確認されました。ヒアリの女王アリは1日に2000~3000個の卵を産むとされ、現地で定着して繁殖していた可能性があるとのことです。環境省によると、ヒアリに刺されると、アルカロイド系の強い毒による痛みやかゆみ、発熱、じんましん、激しい動悸等の症状が引き起こされ、アレルギー性のショックで昏睡状態に陥ることもあるそう。ヒアリの簡易的な見分け方はこちらです。7月1日から7月7日(午前)のアクセスランキング(1~10位)は以下の通りです。

ヒアリ:大阪に女王アリの死骸か、国内繁殖の可能性

記者の目:小林麻央さんからの「伝言」=三輪晴美

将棋:藤井四段敗れる 30連勝ならず

性暴力:「女性に非なし」カビラさんが偏見一喝、大絶賛

忘れ物:多い児童の名前ランキング掲示 教諭に注意 長野

将棋:藤井四段「進学に迷い」 本因坊文裕と対談

都議選:自民都連会長「稲田氏発言、選挙結果に影響した」

大雨特別警報:福岡、大分で発令 九州で初

修学旅行:明治の生徒は想像絶する健脚

都議選:自民が歴史的惨敗 議席半減

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです