共謀罪

11日施行 言論の自由は? 監視社会の恐れは

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
作家の半藤一利さん=山本晋撮影
作家の半藤一利さん=山本晋撮影

 「共謀罪」の成立要件を改めたテロ等準備罪を新設する改正組織犯罪処罰法が11日施行される。犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」で社会はどう変わるのか。「昭和史」「日本のいちばん長い日」で知られる作家の半藤一利さん(87)、1990年代に薬害エイズ事件で被害者の支援活動をした漫画家の小林よしのりさん(63)は言論の自由が脅かされ、監視社会が加速する恐れがあると指摘する。

この記事は有料記事です。

残り1530文字(全文1714文字)

あわせて読みたい

注目の特集