メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
九州豪雨

「土砂、目の前に」住民、恐怖語る…大分・日田

大分県日田市の小野地区で土砂崩れが発生した瞬間の様子。右側の山が崩落し、土砂は土煙を上げ、樹木をなぎ倒しながら県道に流れ込んだ=6日午前10時32分(住民提供)

 記録的な豪雨に見舞われた大分県日田市の山間部にある小野地区。6日午前に発生した土砂崩れが川をせき止めて「土砂ダム」を形成し、氾濫する恐れがあるため、付近の住民は避難生活を余儀なくされている。土砂崩れでは、被害状況の見回り中だった地元の消防団員1人が犠牲になった。間一髪で助かった住民たちは悲報に胸を痛め、声を震わせながら当時の衝撃を語った。

 ドドドドドー。6日午前10時半ごろ、地鳴りとともに発生した大規模な土砂崩れは、杉林をなぎ倒し、土煙…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1077文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「明治フルーツ」販売終了 60年の歴史に幕

  5. 「トランプ公式プラ製ストロー」販売開始 ロゴ入り10本で1600円 「紙」に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです