メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

19年発効へ 安倍首相、大枠合意を確認

EU大統領、欧州委員長と会談

 【ブリュッセル三沢耕平】日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉を巡り、安倍晋三首相は6日(日本時間同日夜)、ブリュッセルのEU本部でトゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)、ユンケル欧州委員長と会談し、大枠合意を確認した。2019年初めの発効を目指す。欧州産のワインやチーズの関税が撤廃・削減されるほか、自動車や電気製品などの輸出の拡大が見込まれる。

 安倍首相は会談後にトゥスク氏らと共同記者会見し、「自由貿易の旗を高く掲げる日EUの強い政治的意思を…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです