メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国務長官

シリアで飛行禁止区域設定も 露と共同で

 【ワシントン会川晴之】ティラーソン米国務長官は5日、シリア情勢に関する声明を発表し、ロシアと共同でシリア上空に「飛行禁止区域」を設定する用意があることを明らかにした。シリア内戦終結と過激派組織「イスラム国」(IS)打倒のためにロシアの協力が不可欠との考えも表明。ドイツ・ハンブルクでの米露首脳会談を7日に控える中、協力しやすい分野で関係修復を図る狙いがあるとみられる。

 声明は飛行禁止区域設定のほか、地上での停戦監視や人道支援物資輸送の調整に関して、米露共同の仕組みを構築する可能性を指摘。米露が協力してシリア安定化に取り組めば、シリアの政治的解決に向けた土台を築くことになるとしている。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです