メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心の壁を見つめて

/5止 多様な人と生きる時代 障害者は目の前に

長男の真輝さん(左)と一緒にインタビューに応じる野田聖子衆院議員=東京都千代田区の衆院第1議員会館で2017年6月22日、宮間俊樹撮影

衆議院議員しゅうぎいんぎいん野田聖子のだせいこさん

 衆議院議員しゅうぎいんぎいん野田聖子のだせいこさん(56)は、おも障害しょうがいがある長男ちょうなん真輝まさきさん(6)のおかあさんです。真輝まさきさんの誕生たんじょうで「世界せかいひろがった」といます。一方いっぽうで、19にん障害者しょうがいしゃいのちうばわれた相模さがみ原障害者施設殺傷事件はらしょうがいしゃしせつさっしょうじけんにはこころいためてきました。母親ははおやとして、政治家せいじかとして、事件じけん障害者差別しょうがいしゃさべつにどうっているのでしょうか。【まとめ・望月麻紀もちづきまき

    「いつかきる」 おそれていた事件じけん

     真輝まさき今春こんしゅん東京都とうきょうと特別支援学校とくべつしえんがっこう入学にゅうがくしました。おも障害しょうがいをもってまれ、これまでに12かい手術しゅじゅつけ、いま気管切開きかんせっかいろう(直接栄養ちょくせつえいようれること)をしていますが、あかるい性格せいかくで、いたずらきです。

     先日せんじつ先生せんせいいてくれた学校がっこう連絡帳れんらくちょうんでわらいました。学校がっこうおんなにチューをしようとして、注意ちゅういされたのです。翌日よくじつ、もう一度いちど、チューをしようとしたので、先生せんせいに「真輝君まさきくん」とこえけられたら、げキッスをしたそうです。みちあるいていると、すれちがひとにハイタッチをもとめる。気軽きがるおうじてくれるのは、とかく外国人がいこくじんです。

     真輝まさき一緒いっしょらしていると、右手みぎてうごかないこともたりまえのことです。親子おやこあいだ障害しょうがい意識いしきすることはありません。かれ一部いちぶでしかない。たとえば、眼鏡めがねをかけたおとうさんがいるいえでは、おとうさんとはそういうものと、にならないのとおなじです。

     ですが、かれまれたとき、かれなかせるか、かくしてまもるか、なやみました。なかには「障害者しょうがいしゃはなんでいるのか」という、存在そんざい否定ひていするかんがえを一部いちぶひとがいるからです。障害者しょうがいしゃを「おかねがかかるひと」とかんがえるひとたちです。「自分じぶん不幸ふこうなのは障害者しょうがいしゃがいるからだ」とあやまったかんがえをっているひともいます。かれんでから、あらためてづかされました。

     そうしたかんがえをっているひとはいつの時代じだいもいますが、かつてはくちしてうのはずかしいことでした。ところがいま時代じだい、あからさまにうようになっています。わたしわれました。だから、事件じけんきたときには「いつかるだろうとおそれていたことがきた」とおもいました。

     大人おとなになって偏見へんけんにつけてしまってから障害しょうがいがあるひと出会であっても、ぎこちなくなります。なかにはいろいろなひとがいることをどものころからってほしい。「多様性たようせい」が大切たいせつだといわれる時代じだいです。言葉ことばかお宗教しゅうきょうべるものちが世界せかいひとたちと一緒いっしょきていく。まえにいる障害しょうがいがあるひとや、自分じぶんとはちがひととふれあえないというのは逆行ぎゃっこうしているようにおもいます。そもそも、みんな一人ひとり一人ひとりちがうのですから。

    だれもがかよえる学校がっこうに 政治家せいじかとして努力どりょく

     そのためにも政治家せいじかであるわたしちか将来しょうらいひとつの学校がっこうにいろいろなどもたちがかよえるようにしたいと頑張がんばっています。地元じもと学校がっこうかよい、レベルにおうじて必要ひつよう支援しえんけられるようにしたい。

     まずは、医療的いりょうてきケアが必要ひつようどもが学校がっこうかよえるように法律ほうりつ用意よういしたり、学校がっこう看護師かんごし配置はいちする予算よさんくにのおかね)をけたりしました。「永田町子ながたちょうこども未来会議みらいかいぎ」という政党せいとうえて協力きょうりょくする国会議員こっかいぎいん10にんほどで実現じつげんさせました。おも障害しょうがいがあっても学校がっこうきたい全員行ぜんいんいけるように、ひと道具どうぐ通学つうがく手段しゅだんをさらにととのえていきたいとかんがえています。

     ちいさなどもたちがしあわせにらせることは、政治家せいじかとしての最大さいだいよろこびです。どもは大人おとなにとって大事だいじなメンター(指導者しどうしゃ)です。みなさん、どうしてほしいかわたしつたえてください。ちゃんと返事へんじをします。=おわり


     □プロフィル

     1960年生ねんうまれ。上智大外国語学部卒じょうちだいがいこくごがくぶそつ。93年衆院選ねんしゅういんせん初当選はつとうせん郵政大臣ゆうせいだいじん自民党総務会長じみんとうそうむかいちょうなどをつとめた。現在げんざい期目きめ。2011ねん真輝まさきさんを出産しゅっさんした。


     ■ことば

    医療的いりょうてきケア

     医学的いがくてき知識ちしき技術ぎじゅつ必要ひつよう生活せいかつ手助てだすけのことです。たとえば、くちからはいかう気道きどうにたんがまってしまうといきができないのでくちのどからたんをしたり、はなとおしたかんから栄養剤えいようざいながれたりすることです。以前いぜん医師いし看護師かんごし保護者ほごしゃしかできませんでしたが、法律ほうりつ改正かいせいされました。2012ねんがつからは、研修けんしゅうけて認定にんていされたヘルパーや保育士ほいくし学校がっこう先生せんせいもできるようになりました。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕
    2. 慰安婦像 安倍首相「受け入れ拒否を申し入れた」
    3. ジンバブエ 副大統領を解任 後任に大統領の妻就任へ
    4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
    5. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]