メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動物の授業

動物との触れ合い方、学ぼう

 動物どうぶつをかわいがることの大切たいせつさをまなぶ「動物どうぶつ授業じゅぎょう」が6がつ26にちひらかれました。ペットの保険ほけんあつかっているアイペット損害保険そんがいほけん協力きょうりょくで、NPO法人ほうじんワンコレクションが同社どうしゃ私立成蹊小学校しりつせいけいしょうがっこう東京都とうきょうと)の6年生ねんせい35にんまねいて実施じっししました。

     ドッグパートナーの海老原えびはらゆかりさんと、愛犬あいけんのかえ(メス、5さい)が参加さんか。かえは、1さいとき先天性網膜萎縮症せんてんせいもうまくいしゅくしょうという病気びょうきえなくなりました。

     最初さいしょは、代表だいひょうの3にんどもたちが、実際じっさいにかえをっこしながら、いぬっこの仕方しかたまなびました。おなかを下向したむきにし、むねとおしりって安定あんていさせるのがただしいっこです。

     つぎ全員ぜんいんで、いぬさわられてうれしいところまなびました。のどとあごのしたむねみみうしろの3かしょです。海老原えびはらさんは「このみっ以外いがいは、いぬがびっくりして、ほえたり、かんだりしますから、注意ちゅういしてね。さわるときは、いぬおな目線めせんで、最初さいしょまえから自分じぶんこうのにおいをかがせて安心あんしんさせてあげてください」とはなしました。

     からだいで気持きもちがつたわることをまなんだあとどもたちは盲導犬もうどうけん国内こくないやく960とうしかいないことをっておどろいていました。西井夏々にしいななさんは「いえっているいぬたちをもっと大切たいせつにしよう」、里川有紀さとかわゆきさんは「いぬって、もっといぬのことをりたい」とはなしました。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
    2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
    4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
    5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです